空を眺めて、調和を取り込む

前の記事で、毎日の忙しい時間の中で、どうやって宇宙の調和の運動のエネルギーを体内に取り込むかを話しました。

空を見よう、電車に乗っている時、パソコンからふと目を離す時。青空や曇り空、雨の空、全部、雲の不思議な色々な形や色に気づきます。

その流れる動きに気づきます

その動きは全部、形も色も、調和の運動の中にあります。

一見するとバラバラだけど、水はめぐり、空気は巡り、空の向こうには宇宙が広がっています。

その広がりと循環する力を眺めましょう。

繰り返していると、その力が、体の中に入ってきて、心に調和が戻ってきます。

私も前、ふと空を眺めました。暑くなって、夏みたいだけど、その向こうの宇宙を感じて、心が変わった気がします。

空は、宇宙の力を伝える、とても大きな窓口です。どこでも見られて、いつも違った様子を見せる。

時々、雷とかなってびっくりするし、竜巻も危ないけれど。

でもそれだって、宇宙のエネルギーが大きいことの証明です。

そんな力を秘めた空を、私たちはいつも持っています。

その空の窓から、宇宙のエネルギーを毎日、取り入れると良いかもしれません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー一覧

TOP