身体の調和のために大事な姿勢

毎日ストレス。

だから、複雑な身体の調和も乱れます。

前、身体が複雑だということを簡単に書きました。細胞は、大人でだいたい60兆個。骨は、成長するにつれて変わりますが、だいたい200個。外から触ってわかるのは、手とかくるぶしとか腰の出っ張りくらいですね。でも、身体中に骨はあります。

筋肉だって、体を動かす色々な筋肉があります。

目玉を動かすための筋肉だってあります。

そんなに複雑で、しかも毎日細胞は入れ替わり、髪も生え変わり、爪も伸びていきます。食べなかったら人間は、一週間もしないうちに動けなくなってしまいます。

水だって、数日全く飲まなかったら、もう脱水症状で命が危うくなるでしょう。

それだけ私たちの身体は、複雑にできています。

それなのに、私たちは毎日、座ってばっかりで腰が痛くなったり、

スマホばかり見て斜め下を見すぎて、首が痛くなったり目が乾燥したりしています。

肩が凝って、首も凝って、頭が痛くなります。

歩くのが少なすぎて、足が弱って、自分の身体を支えるのにも筋肉が足りなくなって、血の巡りが悪くなっている。

腕を動かさないから、肩が硬くなって、腕が上まで上がらない。腰も回すと痛くて硬い。

これでは身体の調和にはほど遠い。宇宙の運動の力を受け入れるには、私たちの準備が足りません。

自然の中で生まれた私たちの体を、私たちは忘れてしまっています。

自然の身体の調和を取り戻し、最大限に宇宙の調和の力を受け入れられるようにしましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー一覧

TOP