宇宙のリズムを受け入れよう

  1. 呼吸
  2. 4 view

空気を吸っているー奇跡的なこと

少し前の記事で、飛行機と同じように、私たちは空気がなければ動けないと書きました。空気に気づかないけど、意識するという話。

私たちは空気を吸って生きている。地球の他の多くの生き物も同じ。

これって当たり前に見える。

でもそうじゃない。

本当は、空気を吸うことはとても大きな冒険だった。

お母さんのお腹から生まれる時、まだ空気は吸っていなかった。

臍の緒で、お母さんの血液から、直接、栄養と酸素をもらっていた。

だから、自分の肺で吸う必要はなかった。だけど、産まれたら、吸わなきゃいけない。生まれてすぐに、初めて吸って、泣き始める。

もっと大昔にさかのぼって見よう。

空気を吸って酸素を取り入れることは、危険だった。

活性酸素って聞いたことがあるかもしれない。身体が酸化する。

鉄が錆びてボロボロになる。

酸素は、本当は、細胞が酸化して死んでしまう危険な物質だった。

でも偶然、大昔に、細胞は酸素をエネルギーに変えることを覚えた。錆びてもすぐに治す方法を身につけた。奇跡的な成功だった。

大昔の微生物は、空気中の酸素を味方に付けたんだ。

だから、空気を積極的に吸って酸素を取り入れるようになった。

微生物にとっては、出来るようになるまで何万年も時間のかかる冒険だった。錆びて死んでは、また吸って挑戦する。その繰り返し。

だから私たちも、地球の多くの生き物も、空気を吸って生きていける。

その代わり、空気がなかったら、酸素が取り入れられなかったら、生きていけなくなった。

宇宙飛行士は、宇宙服を着るよね。

最近は、野口さんや油井さんが、国際宇宙ステーションに行った。

宇宙服の中は、空気が詰まっている。その薄い服の外は、空気がない。

同じように宇宙船の薄い壁の外は、真空の死の場所。そんなところに浮かんでいる宇宙船。そして地球。

私たちは、空気の中を泳いで生きている。

宇宙の調和のエネルギー、それは地球の空気の中で育まれている。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

呼吸の最近記事

  1. 空気を吸っているー奇跡的なこと

  2. 宇宙の調和の力には、呼吸が大切

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー一覧

PAGE TOP