宇宙のリズムを受け入れよう

  1. オートファジー
  2. 4 view

細胞の断捨離ーオートファジーで身体をお掃除

オートファジーが人気ですね。16時間以上、食べないでお腹を空っぽにすると始まる身体の掃除。無駄なたんぱく質を分解して、必要なたんぱく質に変換する、身体に備わったお掃除能力です。


自分の部屋がときどきゴミだらけになりませんか。毎日忙しくて、いろんなことをしていたら、気づいたら部屋の中はぐちゃぐちゃ。でも仕事あるし、食べ物は外で買ったりできるし。だから掃除は後回し。なんてことになりますね。私もついついあと回しのことが。。


でも、部屋の中がぐちゃぐちゃになるように、身体の細胞も、忙しかったらついつい掃除が後回しになるそうです。食べ物がたくさんあって、その栄養を使うのに忙しかったら、細胞も溜まった不要なたんぱく質をそのままにしてしまいます。病気のときもオートファジーが始まるそうですが、健康な時でも、ときどきオートファジーを意識的に始めてみる。


そしたら、身体の中のゴミが片付いて、細胞が元気になります。若返る。
どんな掃除を細胞はしているのだろう。人間の細胞はたんぱく質で出来ていますが、細胞の中には無駄になったたんぱく質がゴミになって溜まっているそうです。そのほか、細菌とか不良ミトコンドリアとかも細胞の中に残っています。そういうのを、細胞は袋を作って包んだら、処分しているそうです。人間のゴミ捨てと似てる。

なんとオートファジーの機能を発見したのは、日本人。「オートファジーのメカニズムの発見」により、大隅良典さん(東京工業大学栄誉教授)に2016年のノーベル医学・生理学賞が贈られました」。日本人は掃除好きだから、性格にぴったりの発見かもしれませんね。

オートファジーを始めるには、普段でも少しづつおきてるそうだけど、一番は短い断食、ファスティングをすること。16時間以上空腹を続けると、身体が栄養を集めようとして、不要なたんぱく質をリサイクルして必要なものに変えるそうです。ごみを掃除して、身体に必要なものにリサイクル。ごみをゴミにしないで、エコですね。私も断捨離では、なるべくリサイクルしたり、メルカリで他人に譲ったりしています。


16時間以上は長いですね。お腹が空いてしますのでけっこう辛いかも。だから、一番は朝ご飯を抜いて、遅めのお昼ご飯をたべることかな。
夕食を20時に食べたら、翌日は朝ご飯を抜いて、お水か白湯だけそしてお昼ご飯を13時に食べる。いきなりたくさん食べると身体に悪いから、あっさり果物とかお茶漬けとか。そしたら、すぐに17時間空けることができます寝てる時間がほとんどだから、あまり苦労しない。


日曜とか、休みの日にするのがいいかな。午前中のんびり寝てすごして、お昼ご飯を待つみたいな。


平日だったらお腹空いて仕事が進まないからね。
お部屋の掃除を合わせてしてもいいかも。午前は休んで身体の掃除、午後はゆっくり部屋を眺めて、気が向いたら片付けるとか。

オートファジーの機能は、便利で優れていますね。そんな機能が付いている身体は奇跡的。宇宙の調和の力は驚くばかりです!

「オートファジーは、酵母や植物、動物など、すべての真核生物に備わっている細胞内の浄化・リサイクルシステムです。細胞内の変性タンパク質や不良ミトコンドリア、さらには細胞内に侵入した病原性細菌などを分解して浄化することで、さまざまな病気から生体を守っています。また栄養状態が悪くなったとき、過剰なタンパク質を分解して、生存に必要なタンパク質にリサイクルします。 大隅さんは1993年、酵母を使った実験により、オートファジーに欠かせない遺伝子を14種類発見し、それらの遺伝子からつくられるAtgと呼ばれるタンパク質群の機能を調べる研究を進めました。「その1993年の論文が、ノーベル賞で最も評価されたものです。現在、酵母の主要Atgタンパク質は18種類知られていますが、大隅先生はその大半を1993年に発見され、オートファジー研究の礎を築かれたのです」。http://www.spring8.or.jp/ja/news_publications/research_highlights/no_90/

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

オートファジーの最近記事

  1. 細胞の断捨離ーオートファジーで身体をお掃除

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー一覧

PAGE TOP