宇宙のリズムを受け入れよう

  1. 人間の身体
  2. 4 view

飛行機が飛ぶように、あなたもー大気のなかで

前の記事で、春になると木々が葉っぱを空に向かって伸ばすということを書きました。新緑が美しい季節です。同じように、あなたもきっと気分が外に伸びていく。地面から空に向かって腕が伸びて、気持ちも伸びて行きます。

ところで、葉っぱを眺めていたら、その向こうに飛行機雲が見えました。青空に白い筋が鮮やかでした。緑の葉っぱと白と青。絶妙の組み合わせ。

そこで気づきました。飛行機が飛ぶの原理と同じく人間も生きていることに。

飛行機は機械でしょう!とツッコミが入りそうですが、その点を言いたいのではないです。

飛行機は、空高く飛びますが、宇宙までは行けません。ロケットとは違うのです。

なぜでしょう。それは、空気が必要だから。飛行機は、翼を空気が覆っているから、浮くことができます。飛行機のエンジンは、空気があるから燃料を燃やして飛行機を前に動かすことができます。

もし空気がなかったら、飛行機は浮かばないし、そもそもエンジンに火がつかない。

もし飛行機が、空気の薄い高い高いところを飛んでいったらどうなるでしょう。空気が薄くなって、それ以上は上に飛んでいけません。いくらエンジンを動かしても。

飛行機の中にいたら、もちろん空気があるから飛んでいるなんてことは気づきません。飛行機の中にいても、地面の上にいるのと同じように息ができるし、過ごせます。

でも、10キロも上空を飛ぶ飛行機の壁の外は空気が薄くなっています。そして、さらに上に飛んでいったら、それ以上飛行機は進めなくなってしまうのです。

そうなって初めて、空気が重要であることに気づきます。

それ以上飛べない。

飛行機の中に座っている時と同じように、私たちは普段、空気に気付きません。

毎日、いつでも、吸わなきゃと思って空気を吸っている人はいません。

でも、もしある時、咳が止まらなかったら、プールの中に沈んだら、

苦しくなって空気を吸わなきゃと意識します。

飛行機が飛べなくなった時と同じ。

だから、無くなって初めて意識する。いつも本当は大事で必要なのに。

身体の外にある空気を、意識する。

ほんとは必要なのに、気づいていない、意識していないことを大事にすることから、始まります。

宇宙の調和のエネルギーも同じです。いつも普段は気づかないけど、ほんとは大切。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

人間の身体の最近記事

  1. コロナの予防注射、ワクチンー奇跡の身体の力

  2. 細胞の断捨離ーオートファジーで身体をお掃除

  3. 水が伝える調和のエネルギー:身体の中の海

  4. 気づかないけど、いつもあるものー魚に似てる

  5. 飛行機が飛ぶように、あなたもー大気のなかで

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー一覧

PAGE TOP