小鳥が花をついばむー翼を信じる

夏の達の癒しの花。あっつい日差しの中でもきれいに赤く咲いている花。

白いのもある。

その花は、さるすべり、馬酔木。

見に行ったら、小鳥がこっそり花の影に止まってた。

すごい小さい黒と白の鳥。スズメより小さい。巣を飛び立ったばかりかな。

鳥から見たらきっとカメラが迫ってきてびっくり。

巣を飛び立ったら枝に泊まる。

きれいな赤い花。初めて見るけどでも美味しそう。

そしたらなんか私わからない四角い箱が迫ってくる。こっそり別の枝に飛び移る。

知らない世界でも、生まれて初めて見る世界でも、食べるものがわかる見つけられる。怖いものから逃げられる。

翼を開いて好きなところへ飛んでいける。

そんな力を疑うこともない。

どんな花を見つけたら良いのか、どんな虫をかけたらいいのか、どんな枝に止まって、どういう場所で巣を作るのか。

鳥たちは知っている。

今度は木の枝についた苔をつついてみる

ちょっと苦いかもしれない。

ちょっと不安になってくる。仲間と一緒に周りを見る。ちゃんと飛んで巣に戻る。

また明日、もっと遠くに行ってみよう。

サルスベリの鳥を見てたら、私も明日はどっかに行ってみたくなった。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー一覧

TOP